シンクロン閉鎖に伴い、こちらのページは2017年12月31日に削除いたします。

SYNCLONβ
価値観の対話場 シンクロン

  このエントリーをはてなブックマークに追加
論 137

【リアルタイム議論】議論サイトを繁栄させるには?

4

議論サイトを繁栄させるためには、どうしたらよいでしょうか?

【リアルタイム議論の時間】
4月4日(金)21時〜24時
※4/5以降は自由にコメント可能になります

<リアルタイム議論とは>
「限られた時間、短期集中で議論をする」企画です。

画像1   
作成日時:
  • ゲームの特徴

    ■楽しくするため
    ■モチベーションがあがる
    ■フィードバック
    ■気がついたら習慣化してる
    ■関心のないテーマの議論にも参加する意欲が湧く。
    ■遊び、視点ずらしの効果
  • メリット

    ■チームプレイ
    ■レベルアップと解除
    ■ルールによって難易度を変える
  • デメリット

    ■議論の本質が失われる可能性がある。
    ゲームにするからには勝敗やスコアのようなものが必要になってくると思います。そうすると勝敗やスコアを獲得するのが目的になってしまい、本来の議論する目的が見失われる可能性があります。
  • 議論とゲーム(その他)

    ■発散パートとゲーム性が相性がよさそう。
    →「連想ゲーム」誰かの発言で閃いたことをポンポン投げていく感じ。

    ■球技に例えるのおもしろいです!議論は言葉のキャッチボール。
  • ディベートと討論会

    <競技ディベート>
    遊戯議論の代表。球技に例えるならテニス。(卓球でもラケットボールでも構図は同じ。)

    <討論会>
    バスケ。順番順番に発言していくというより、相手を押しのけて発言していく感じ。でも、あまりにもひどいと退場。
  • ゲームのイメージ

    ■「ゲーム」は「遊び」→「息抜き」
    →「適当に」「ほどほどに」「嗜む程度に」するもの。
    ■「ゲーム」を「競技」と捉え、「高める」「技を磨く」「極める」という方向にもっていく考え方もあります。
  • グループ

  • ゲームを楽しく続ける

    (1)難易度を徐々にあげていくこと
    →ルールによって、変更する
    (2)できること徐々に増やしていくこと
    →レベルアップによって、解放する
    この2つのバランスを保つこと
  • グループ

  • グループ

  • グループ

  • グループ

  • なぜ議論するの?(1)

    <自分のため>
    ■内容を深く知るため(715,716)
    ■目を向けて、文句どまりにならない(717,722,737)
    ■ニュースを自分事、自分たち事に(719,720)
    ■知識止まりではなく「自分の知恵」に(735)
    ■身近な人ではなく、外部(他者)の視点が得られる(721)
    ■共感できるポイントを見つけられる(718)
    ■類似な事件が起きても、不毛な文句を言わずイライラしなくなる(729)
  • なぜ議論するの?(2)

    <社会のため>
    ■ニュース×議論のログ=共有財産(725)
    ■問題解決できるかもしれない(715)
    ■議論ならば炎上を防ぐことができる(728)
    ■議論ならば「合意形成」をして建設的な議論ができる(734)
    ■水面下の「心の声」を可視化できる(748)
  • どうやってつなげるの?(1)

    【B】どういうつなげ方があるのか!
    <議論前>
    ■気になたニュースをどんどん議論を立てる(738)
    ■ニュースに対しての対立構造を探し、それを議論の出発にする(771)
    ■ニュースに対して問題解決を目的してロードマップ作成(758)
    ■炎上しやすいニュースをあえて選択(763)
  • どうやってつなげるの?(2)

    <議論中>
    ■みんなの意見と逆のことを言う、言える環境整備(747,766)
    ■テレビ番組とTwitterのつぶやきを参考に(741)
    ■芸能人を起用する(753)

    <議論サイトの構造>
    ■議論サイトをtwitterのように生活者がハマる環境整備(746)
  • どうやってつなげるの?(3)

    <他>
    ■習慣化するには(751)
    ■ニュースと議論をシームレスにつなぐには(751)
    ■水面下の「心の声」を引き出すには(748)
  • 論点

    ★いかに身近な話題の議論を「習慣化」するか
    ★いかに身近な話題から「議論のきっかけ」を作り出すか
    ■いかに身近な話題を「問題解決」につなげるか
    ■いかに身近な話題を議論にし「共有財産化」するか
    ■いかに身近な話題の「心の声」を可視化するか
  • グループ

  • グループ

総括
【B】欲求を箇条書きでまとめる
・自己分析
・普段の会話では体験できない質の高い議論
・議論仲間が欲しい
・マスメディアではなく、身近な人の意見を聞きたい。
・マスメディアのように一方向ではなく、双方向的に意見を交換したい。
・自分の言いたい事を言いたい
・承認されたい(関心をもたれたい)
・疑問に思った事を辞書で調べるのではなく、誰かの意見を聞いてみたい
・幅広い意見を聞きたい!(自分では考えつかない)
・集団による合意形成のために
・話題に乗り遅れたくない(人並みに話題の知識は得たい)
・問題解決をしたい!
・スポーツのように議論そのものを楽しみたい。
・いろんな人の意見やアイデアをRemixしたい!
・思いもよらないアイデアや視点
・論破したい!
・論破している状況を見たい!
・「共感」をベースとする日常対話では得られない、緊張感のある対話を楽しみたい。(スポーツ感覚)
・自分と異なる視点、自分では気づき得ないような視点についての示唆を得たい。(知的好奇心)
・対話によって自分の脳を活性化させ、いろいろなアイデアを引き出したい。(頭の体操)
・優れた論客の語り口を学びたい。(論理構築能力の向上)
・説得力のある主張の仕方を学びたい。(影響行使力の向上)
・事実を曲げるほどのことを、正しいと論証できたときが一番ゾクゾクする!
・憤りを感じた時!→意見を聞いてほしい。誰かに同意してほしい。反対意見の人を説得したい。
 →時事問題や日常体験の出来事など。

<2種類の疑問>
(1)理屈でせめる疑問
(2)感情からくる疑問
<2種類の期待する回答>
(1)疑問を解き明かしたい
(2)単純にだれかの同意が欲しい

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【上記の項目のグルーピング(重複化)】

<新しい視点が欲しい>
・マスメディアではなく、身近な人の意見を聞きたい。
・マスメディアのように一方向ではなく、双方向的に意見を交換したい。
・幅広い意見を聞きたい!(自分では考えつかない)
・思いもよらないアイデアや視点
・自分と異なる視点、自分では気づき得ないような視点についての示唆を得たい。
・△優れた論客の語り口を学びたい。(論理構築能力の向上)

<議論を通じて成長したい>
・自己分析
・普段の会話では体験できない質の高い議論
・優れた論客の語り口を学びたい。(論理構築能力の向上)
・説得力のある主張の仕方を学びたい。(影響行使力の向上)

<学びたい>
・優れた論客の語り口を学びたい。(論理構築能力の向上)

<自己顕示欲>
・承認されたい(関心をもたれたい)
・論破したい!
・説得力のある主張の仕方を学びたい。(影響行使力の向上)

<意見の先にあるもの>
・自己分析
・学びたい
・楽しみたい
・議論仲間
・承認欲求
・集団による合意形成
・問題解決
社会全体の幸福を大切にする視点
この視点のまとめはありません。
個人の自由や権利を大切にする視点
この視点のまとめはありません。
美徳(文化や道徳)を大切にする視点
この視点のまとめはありません。
関連リンク
議論のまとめ
http://synclon3.com/media/matome/137/137_2.html