Staff Jima | synclon blog
シンクロン閉鎖に伴い、こちらのページは2017年12月31日に削除いたします。

SYNCLONβ
価値観の対話場 シンクロン

タグ |

みなさんこんにちは。
シンクロンスタッフのJimaです。

今回は、様々な議論がつくる「関係」のパターンについて考えてみたいと思います。

議論を進めるなかで、「この論点は過去に議論したかも」とか、「この論点は過去に議論されなかったのかな」といったように、他の議論が気になることってありますよね。
現在の議論に関係する過去の議論は、どんどん活用したいものです。

では、議論同士が関係し合うパターンにはどのようなものがあるのか、考えてみましょう。

【1】議論が、他の議論を包含するパターン
議論のネットワーク_1
■他の議論を取り込もう!
議論をしていると、「この話題は過去に議論したな」とか「今の論点はあの議論を参照できるな」など、進行中の議論の中に包含できる議論が出てくる可能性があります。

そういった場合は、過去に行われた議論を取り込みつつ議論を進めた方が議論をスムーズに効率よく進行できるでしょう。

みなさんこんにちは。
シンクロンスタッフのJimaです。

先日レトリカさんが解説してくれた「合意形成を考える」を僕なりに図を使って考えてみたいと思います。議論していれば必ず対立というものが生まれると思います。そのとき、自分の意見にこだわらずに、一度「対立そのものの状態」をイメージしてみましょう。

「合意形成する方法」について詳しくはこちらを参考にしてくださいね。↓↓

【ブログ】合意形成する方法「レベル1:合理的な意思決定」
【ブログ】合意形成する方法「レベル2:協調的な対立解消」
【ブログ】合意形成する方法「レベル3:対話による合意形成」
【ブログ】合意形成する方法「レベル4:困難な衝突の解決」

【レベル1】合理的な意思決定→何を天秤にかけるのか?

合意形成01
さて、【レベル1】は「合理的な意思決定」です。
大事なポイントは「判断基準を定める」でしたね。
これは「何を天秤にかけるのか?」と言い換える事ができます。

図のように、「形」が違うものを「形」で争っても合意形成はできません。
しかし、「重さ」を判断基準にすると、どちらが重いのかを測ることができます。

このように、お互いに「何を天秤にかけるのか?」を決めてから議論してみましょう!

タグ |
みなさんこんにちは。jimaです。
だいぶ暖かくなってきましたねー。みなさんはいかがお過ごしでしょうか。

さて、今月は時間を限定して集中して議論をする
「リアルタイム議論」をやりました。

「論131:日本は首相公選制を導入すべきである。」
「論130:日本政府は、全ての遺伝子組換え食品の輸入、製造および販売を禁止すべきである。」

タグ |
こんにちは。jimaです。

SYNCLON³“(β版)では2014年2月10日から「議論テーマ募集」を開始します!

タグ |
こんにちは。jimaです。

東京都知事選に立候補をしている候補者4人が登壇する「東京都知事選 候補者ネット討論」が2014年2月1日夜、都内で行われました。
登壇した4候補は以下になります。
宇都宮健児氏、田母神俊雄氏、舛添要一氏、細川護熙氏(届け出順)
今回はこの討論会で話された内容をもとに、登壇した4候補者の価値観を見てみたいと思います。より価値観が現れている発言に注目してみましょう。
各候補者の価値観が現れていると思われる発言を抜粋し、最後に僕の独断で、候補者それぞれに10点を3つの価値観に割り振ってみました。
※価値観が現れていると思われる箇所を赤でマークしました。