知的財産 | synclon blog
シンクロン閉鎖に伴い、こちらのページは2017年12月31日に削除いたします。

SYNCLONβ
価値観の対話場 シンクロン

【論点】「著作権」として認められないものとは?
【論点】
「著作権」として、認められないものがあります。

POINT
【事実】・・・・・・・・「共有」した方がよい
【アイデア】・・・・・・「共有」した方がよい
【実用品】・・・・・・・「共有」した方がよい
【ありきたりなもの】・・「占有」すべきでない

【分類】「方式主義(特許権)」「無方式主義(著作権)」の分類
【分類】
「知的財産」には、「方式主義」「無方式主義」がある。

【質問】新しい価値を生み出すためなら「著作権」を侵害してもよいか?
【質問】
海賊版のように、著作と全く同じものをコピーして
利益を得ることは、よい行為とは言えないかもしれません。
しかし、パロディのように・・・

ある著作を元に・・・
全く新しい価値のある作品を生み出すために
著作権を侵害することも、ダメなことなのでしょうか?

【質問】命を救うためなら「特許権」を侵害してもよいか?
【質問】
命を救うためなら、
医薬品の特許権を侵害してもいいでしょうか?