2015 12月 | synclon blog
シンクロン閉鎖に伴い、こちらのページは2017年12月31日に削除いたします。

SYNCLONβ
価値観の対話場 シンクロン

2015/12/06お知らせ

hookwhat

はじめに
フック・モデルとは、人間の行動を習慣付けさせるために考えられたフレームワークです。「きっかけ」→「行動」→「報酬」→「投資」の4つのステップで構成されています。

あなたが使用しているプロダクトやサービスも、あなたの心理を突かれて、知らない間に習慣化しているかもしれません。

あなたの心を惹きつけているプロダクトやサービスを、制作者側の視点から考えてみてくださいネ。

thefookmodel
書籍『Hooked ハマるしかけ』
hook タイトル Hooked ハマるしかけ
著者名 ニール・イヤール (著), ライアン・フーバー (著), Hooked翻訳チーム (翻訳), 金山 裕樹 (翻訳), 高橋 雄介 (翻訳), 山田 案稜 (翻訳), TNB編集部 (翻訳)
出版社 翔泳社
発売日 2014.05.23
内容紹介 ◎フック・モデルの4ステップ
■トリガー(きっかけ):人々に行動を取らすための引き金。外的トリガーと内的トリガーの2つがあり、すべてのフックの始まりとなるフェーズ
■アクション(行動):アクションのしやすさと、それを行うための心理的動機の2つを用いて特定のアクションが発生する可能性を高めるフェーズ
■リワード(報酬):ユーザーを惹きつけるために欲望を生み出させるフェーズ。報酬にはトライブ(集団)、ハント(狩猟)、セルフ(自己)の3つがある
■インベストメント(投資):ユーザーにわずかな仕事をさせて改善を行わせることで、新たなフック・サイクルを作り出す確率を高めるフェーズ
AMAZON ▶外部リンク
フックモデルとは?
【A】トリガー(きっかけ)
人々に行動を取ってもらうための引き金。外的トリガーと内的トリガーの2つがあり、すべてのフックの始まりとなるフェーズ.
→(例)Facebookに投稿された友達の旅行写真を見て、同じ場所へ旅行に行きたいと思った。
【B】アクション(行動)
アクションのしやすさと、それを行うための心理的動機の2つを用いて特定のアクションが発生する可能性を高めるフェーズ.
→リワード(報酬)を見越して行われる。
→(例)旅行に行き、旅行先の写真をFacebookに投稿した。
→(外的トリガーの例)メールの着信音によって、メールアプリを開いた。
→(内的トリガーの例)ふと、メールが届いていないか気になって、メールアプリを開いた。
【C】リワード(報酬)
ユーザーを惹きつけるために欲望を生み出すフェーズ.
→(例)Facebookに投稿した旅行先の写真が「いいね」をされた。
【D】インベストメント(投資)
ユーザー自身が次に使う時のために、わずかな仕事をしてもらい、自身でサービスを改善することで、新たなフック・サイクルを作り出す確率を高めるフェーズ.
→(例)友達から影響を受けたいと思い、複数の友達にFacebookの友達申請をした。
【A】トリガー(きっかけ)
人々に行動を取ってもらうための引き金「外的トリガー」「内的トリガー」の2つがあり、すべてのフックの始まりとなるフェーズ.
hook01