一ノ瀬セイラ|プロフィール|キャラdeぎろん | キャラ de ぎろん
シンクロン閉鎖に伴い、こちらのページは2017年12月31日に削除いたします。

SYNCLONβ
価値観の対話場 シンクロン

一ノ瀬セイラ(Ichinose Seira)
父が日本人、母がアメリカ人のハーフ。
飛び級で大学を卒業し、現在は自然科学専門の研究員。
人間は理性的な存在であると思っている。

続きを読む

真理を追究することを大事にしており、
物事を客観的に判断する。

要素分解して分析することが得意。

集中すると周りが見えなくなり、ひとりの世界に入ることもある。

隠れアニメオタクであるが、周囲には秘密にしている。

【コメント】
「もっと客観的な分析が必要よ」
「たとえ犯罪者であっても、人権は尊重されるべきよ!」
(人を好きになることなんて、私にできるかしら・・)
【レトリカ】×【セイラ】
セイラさんの価値観について質問させて下さい。
ええ、よろしく!

【インタビューの続きを読む】

セイラさんは「価値観チェック」によると・・・
「自由の価値観」が優位でしたね。
えぇ、そうですね。
私は「個人の権利」を大切にしますから、予想はしていました。
セイラさんは・・・
なぜ「個人の権利」が大切だと思っているのですか?
そうですね・・・
私はマイノリティ(少数派)を守りたいと思っているのだと思います。
人は誰でも、マイノリティ側についてしまいます。
私が、いつ事故や重い病気になるかはわかりません。
マイノリティを守る社会によって・・・
多く人が安心して暮らすことができるようになると思います。
セイラさんは・・・
「社会権」を大切にしているのですね。
そうですね・・・
人は自由に行動できるべきだと私は思うわ。
ただ、最低限の生活ができなければ、それも難しくなるわ。
人は誰だって、幸福を追究できる権利がある。
幸福を追究するには、最低限の生活が保証されるべきですね。
そのためには、社会権が必要というわけですね。
えぇ、そう思うわ。
社会権を実現するためには・・・
多くの税金が必要ですよね。
そのためには、お金を多く持っている人たちから・・・
多くの税金をとって、再分配することが必要だと思いますが、このことについてはどう思っていますか?
要するに・・・
お金を持っている人たちから、税金をとることは
「所有権」の侵害になるということよね?
ハイ!
「所有権」も「個人の権利」の1つですから。
私は社会あっての・・・「個人の権利」があると思うの。
お金を稼ぐことができるのも、安定した社会があってこそよ。
その社会に還元すると思えば、問題はないと私は思うわ。
ただ・・・・「所有権」を侵害し過ぎると、
能力のある人たちのモチベーションが下がるのが問題よね。
そこがジレンマですよね。
「権利(所有権)」と「権利(社会権)」が戦っているのよね。
そして・・・そのどちらも正しい。
そうですね。
「悪」と「善」が戦っているのではなく・・・
「善」と「善」が戦っていることの方が多いのですよね。
そうなのよね・・・
だからこそ、争いが起こるのよね。
お互いが正しいと主張するのだから。
セイラさんは・・・
このことについて、どのように克服したらいいと思っていますか?
ストレートに表現するならば・・・
両方認めるということになるのかしら。
ちょっと、遠回りの説明になりますが・・・
ハイ・・・
お願いします。
私は科学者で、研究することが好きなのだけど・・・
真実について考えることが多いのよね。
というより・・・真実を追究しているっていうのかしら。
研究をしていると・・・
矛盾することが、とても多いことに気付くわ。
でも、真実って、その矛盾を内包するのよね。
矛盾そのものが・・・
真実ということですか?
おそらくね・・・。
だから、真実っていうのは「多面的」だと思うの。
さっきの話でいうと・・・
「善」と「善」が戦っている。
どちらの「善」が正しいのではなく、、どちらも正しいの。
世の中には、矛盾する様々な「善」があり・・・
その全てが正しいということですね。
えぇ・・・だから・・・
「所有権」も「社会権」も両方の権利が大切。
「個人の自由と権利(自由の価値観)」だけでなく・・・
「社会の価値観」「美徳の価値観」・・・
そのすべてが大切なのでしょうね。
ハイ!
矛盾し合う価値観を・・・
私たちは乗り越えて行かなきゃいけない。
その方法の1つが「議論」ってことになるのでしょうね。
アリガトウございます。
セイラさんの「権利の考え方」や「議論の考え方」がよくわかりました。
最後に質問ですが・・・
「シンクロンアカデミー」に参加された理由をお聞かせて下さい。
ええ・・・
シンクロンは議論を・・・
「共同作業」と考えているところがありますよね?
ハイ、その通りです。
お互いが自分の主張を通したいだけで・・・
議論をしていては、お互いのためになりませんから!
科学者たちの議論も「共同作業」「相互理解」だと思います。
お互いの研究を反論し合うことで、真実に近づいていくんです。
そのため・・・シンクロンの議論の考え方に共感できます。
ハイ!
それに、真実っていうものは・・・
私は多面的だと思っていますから・・・・
だから、私1人では真実には到達できないと思うの。
議論によって、みんなで真実に到達する必要があると思うわ。
議論は、矛盾するみんなの意見が内包されているわ。
その議論そのものが、真実である可能性もあるわね。
なるほど!
だから、みんなで議論をし続けることが・・・
大切なんだと、私は考えるようにしたの。
それが、私のシンクロンアカデミーに参加した理由よ。
セイラさんの議論に対する考え方、よくワカリマシタ。
アリガトウございます。
いいえ・・・そんなこと・・・
とは言ってみたものも・・・
自信がないことも多いのよねぇ。
自信がない・・・???
セイラさんがですか?
私・・・ついつい客観的に考えちゃって、
人の気持ちが理解できないことが多いのよねぇ。
それが、私の課題。
ワカリマス!ものすごくワカリマス!
たぶん・・・いえ絶対に!
ワタシの方が、人の気持ち理解できていません。
クスッ(笑)
そう言いながら・・・
私の気持ちをちゃんと理解しているじゃない?
あ・・・ハハハ・・・
なるほど!そういうことですか!
ワタシ、、はじめて人の気持ち理解できたかもしれません。
結局・・・
人の気持ちを理解するには・・・
「経験」が大切になってくるってことかしら・・・
ハイ(困惑)・・・
そうなのかもしれません・・・
ありがとう!
レトリカさん。
えっ????
私・・・
シンクロンアカデミーに参加することに・・・
ちょっと不安だったのよね。
どうしてですか?
セイラさんは・・・
議論に向いていると思いますよ。
そうでもないのよね・・
ううん・・・
何でもないわ。
気になります・・・
レトリカさんがいることで・・・
やっていけそうな気がしてきた!
そういうことよ。
そうですか!
ワタシが役に立ったということですね。
ウレシイです。今後ともよろしくお願いします。
えぇ、こちらこそ!
今日はアリガトウございました!

【ラウンジ】×【セイラ】×【議論】
02 :
【価値観チェック】×【セイラ】×【議論】
【キャラdeファシリテーション】×【セイラ】
01 :
シャロン
さくら
あかね
中川
セイラ
ほのか
みゆき
アキラ
健二