シャロン|プロフィール|キャラdeぎろん | キャラ de ぎろん
シンクロン閉鎖に伴い、こちらのページは2017年12月31日に削除いたします。

SYNCLONβ
価値観の対話場 シンクロン

シャロン・ドゥ・オイロタニア(Chalon Du Eurotannia)
オイロタニア公国の貴族。
この国は、絶対君主制であり、
貴族と平民の2つの階級制度が存在する。

続きを読む

貴族には特権があると同時に、
社会の模範となるように振る舞うべきだという義務もある。

シャロンは高貴なる義務を人一倍感じており、自分磨きにも余念がない。
現在、長期休暇をとっており、様々な価値観を学ぶために日本に滞在している。

上から目線のところもあるが愛情もある。
たまに感情論になることも。

※オイロタニア公国は別の世界線にある国です。

【コメント】
「愛のない者に人の上に立つ資格はないわ!」
「民を導くのが、わたくし達(貴族)の使命よ」
(わたくしが、弱音を吐く訳にはいかない..!)
【レトリカ】×【シャロン】
シャロンさんの価値観について質問させて下さい。
えぇ!よろしくお願いしますわ!

【インタビューの続きを読む】

シャロンさんは「価値観チェック」によると・・・
「社会の価値観」が優位でしたね。
そうですわね!
異論はありませんわ!
シャロンさんは、オイロタニア公国の貴族ですね。
独特の貴族の価値観があるとお聞きしましたが?
※オイロタニア公国は別の世界線にある国です。
「機会の平等」や「公平」を重んじる現代社会では・・・
わたくしたちの国の貴族の価値観は、
受け入れられないところもあるかもしれません。
また、中世時代の貴族の考え方と・・・
わたくしたちの国の貴族の考え方は違うと思います。
オイロタニア公国、独自の貴族の価値観がありますわ。
日本の民主制のように・・・
国民の代表が法律をつくっていくのではなく、
貴族が、国の決まり事をつくっていくとお聞きしましたが・・・
そのとおりですわ。
少し順を追って、説明させてもらってもよろしいでしょうか?
オイロタニア公国の成り立ちから・・・
ハイ、お願いします。
わたくしたちの国は、もともと王国でした。
王様が、国の決まり事をつくっていましたから・・・
民は・・・国の政治を王様に任せっきりでした。
貴族を君主とする「公国」ではなく・・・
最初は、王様を君主とする「王国」だったのですね。
善き王様が、国を統治していた時期はよかったのですが・・・
やがて・・・
私利私欲の王様が国を腐敗へと導いてしまいました。
そこで、実質の国の政治を任されていた・・・
公爵であった、わたくしの祖父がクーデターを起こし、
王様を追いやり、オイロタニア公国を建国したのです。
王様1人が、国を統治していた【王制】から・・・
貴族という複数人が、国を統治していく【貴族制】に
移っていったということですね。
わたくしの祖父は、本当に民を愛する人でした。
オイロタニア公国の貴族は、民のために国づくりをしていく!
「民のために貴族が必要だ!」
それが祖父の残した・・・
オイロタニア公国の「貴族の美徳」なのです。
オイロタニア公国に住んでいる「多くの人の幸せ」になるように、貴族であるシャロンさんたちが・・・
社会の決まりをつくっていくわけですね。
そのとおりですわ。
そういう意味で・・・
わたくしは「社会の価値観」が強いということですわね。
オイロタニア公国の貴族の価値観は・・・
「美徳の価値観」ですね。
そうなりますわね。
そこがわたくしの強みでもある一方で・・・
わたくしの弱みでもあるのです。
と、言いますと・・・
どういうことでしょうか?
わたくしは・・・
オイロタニア公国の貴族の価値観に偏っているのではないか!
ということです。
なるほど・・・
そのため、日本に滞在して、
多様な価値観にふれようとしているわけですね。
ええ!そのとおりです。
シンクロンアカデミーに参加させて頂いたのも、
その延長ですわ・・・
本を読んで、価値観を理解することには限界がありますわ。
それよりも・・・
価値観を大事にしている方と、議論した方がいいと思いますの!
わかります!
ワタシも、人間の多様な価値観を理解したいと思って、
ここを訪れました。
わたくしと・・・
レトリカさんの目的は、同じというわけですわね。
「多様な価値観を理解すること!」
ハイ!よろしくお願いします!
こちらこそ!よろしくお願いしますわ!
ところで、レトリカさんは・・・
どうして、人間の価値観を理解したいと思っていますの?
ハイ!ワタシ・・・
ここに来るまでは歌手をやっていました。
でも・・・ワタシの歌は人間の心に響かなかったんです。
だからワタシ・・・
人間の価値観を理解して、また歌を歌いたいんです。
そうだったのですね!
レトリカさんの歌、聴いてみたいですわ!
シャロンさんは・・・
多様な価値観を理解した後、どうされるんですか?
わたくしは、オイロタニア公国を・・・
【貴族制】から【民主制】に、
移していくべきだと思っているのです。
そのためには・・・
オイロタニア公国の民たちが、政治を学ぶ必要があります。
また、貴族であるわたくしは・・・
多くの民の価値観を、今よりも理解する必要があります!
【オイロタニア公国】から【オイロタニア共和国】ですね。
でも・・・
それに反対する人たちもいるのではないですか?
そうですわね!
貴族の中でも二分していますし・・・
今のままを望んでいる民も多いですわ。
今のままではダメなのでしょうか?
そうかもしれませんし・・・
そうでは、ないかもしれません!
それは、わかりませんわ!
ただ、いずれにしても・・・
多様な価値観を知っておくことは
必須であると、わたくしは感じているのです。
シャロンさんの、価値観に対する思い、よくわかりました!
ワタシも、シャロンさんに負けないようにがんばります!
今日はアリガトウございました!
こちらこそ、感謝いたします!
今後ともよろしくお願いしますわ!

【ラウンジ】×【シャロン】×【議論】
01 :
【価値観チェック】×【シャロン】×【議論】
【キャラdeファシリテーション】×【シャロン】
01 :
シャロン
さくら
あかね
中川
セイラ
ほのか
みゆき
アキラ
健二