シンクロン閉鎖に伴い、こちらのページは2017年12月31日に削除いたします。

SYNCLONβ
価値観の対話場 シンクロン

  このエントリーをはてなブックマークに追加
論 210

【映画】ハンナ・アーレントを議論しよう!

0

映画「ハンナ・アーレント」。日本では2013年10月に公開された映画です。
クライマックスでのアンナの主張の是非。映画の感想など議論できればと思います。

<あらすじ(引用)>
誰からも敬愛される高名な哲学者から一転、世界中から激しいバッシングを浴びた女性がいる。彼女の名はハンナ・アーレント、第2次世界大戦中にナチスの強制収容所から脱出し、アメリカへ亡命したドイツ系ユダヤ人。1960年代初頭、何百万ものユダヤ人を収容所へ移送したナチス戦犯アドルフ・アイヒマンが、逃亡先で逮捕された。アーレントは、イスラエルで行われた歴史的裁判に立ち会い、ザ・ニューヨーカー誌にレポートを発表、その衝撃的な内容に世論は揺れる…。「考えることで、人間は強くなる」という信念のもと、世間から激しい非難を浴びて思い悩みながらも、アイヒマンの<悪の凡庸さ>を主張し続けたアーレント。歴史にその名を刻み、波乱に満ちた人生を実話に基づいて映画化、半世紀を超えてアーレントが本当に伝えたかった<真実>が、今明かされる─。
http://www.cetera.co.jp/h_arendt/introduction.html

<予告編>
http://www.cetera.co.jp/h_arendt/trailer.html

<映画のクライマックスのハンナ・アーレントの演説(講義室)(約6分)>
ハンナ:雑誌社に派遣されて、アイヒマン裁判を報告しました.私は考えました.法定の関心はたた1つだと.正義を守ることです.難しい任務でした.アイヒマンを裁く法廷が直面したのは法典にない罪です.そして、それはニュルンベルク裁判以前は前例もない。それでも法廷は彼を 裁かれるべき人として 裁かねばなりません.
 しかし 裁く仕組みも 判例も主義もなく "反ユダヤ"という概念すらない 人間1人いるだけでした.彼のようなナチの犯罪者は 人間というものを否定したのです.そこには罰するという選択肢も 許すという選択肢もない.彼は検索に反論しました.何度も繰り返しね."自発的に行ったことは何もない" "善悪を問わず 自分の意思を介在しない" "命令に従っただけなのだ"と.こうした 典型的なナチの弁解で分かります.世界最大の悪は ごく平凡な人間が行う悪です.そんな人には動機もなく 信念も邪心も 悪魔的な意図もない 人間であることを拒絶した者なのです.そして この現象を 私は"悪の凡庸さ"と名付けました.

男性:先生!先生は主張してしますね! "ユダヤ人指導者の協力で死者が増えた"

ハンナ:それは裁判で発覚した問題です.ユダヤ人指導者は アイヒマンの仕事に関与してました.

男性:それはユダヤ人への非難ですよ.

ハンナ:非難など一度もしてません.彼らは非力でした.でも たぶん 抵抗と協力の中間に位置するする何かは・・・あったはず.この点に関してのみ言います.違う振る舞いができた指導者もいたのではと.そして この問いを投げかけることが大事なんです.ユダヤ人指導者の役割りから見えてくるのは モラルの完全なる崩壊です.ナチが欧州社会にもたらしたものです.ドイツだけでなく ほとんどの国にね.迫害者のモラルだけではなく 被迫害者のモラルも.どうぞ.

女性(生徒):迫害されたのはユダヤ人ですが アイヒマンの行為は "人類への犯罪"だと?

ハンナ:ユダヤ人が人間だからです.ナチは彼らを否定しました.つまり 彼らへの犯罪は 人類への犯罪なのです.私はユダヤ人です.ご存知ね.私は攻撃されました.ナチの擁護者で 同胞を軽蔑してるってね.何の論拠もありません.これは誹謗中傷です.アイヒマンの擁護などしてません.私は彼の平凡さと 残虐行為を結びつけて考えましたが 理解を試みるのと許しは別です.この裁判について 文書を書く者には 理解する責任があるのです!
 ソクラテスやプラトン以来 私たちは "思考"をこう考えます.自分自身との静かな対話だと.人間であることを拒否したアイヒマンは 人間の大切な質を放棄しました.それは思考する能力です.その結果  モラルまで 判断不能となりました.思考ができなくなると 平凡な人間が残虐行為に走るのです.過去に例がないほど 大規模な悪事をね.私は実際 この問題を哲学的に考えました."思考の風"が もたらすのは 知識ではありません.善悪を区別する能力であり.美醜を見分ける力です.私が望むのは 考えることで人間が強くなることです.危機的状況にあっても考え抜くことで 破滅に至らぬよう.ありがとう.

<ハンナ・アーレント(wikipedia)>
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%8A%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%88

画像1   
作成日時:
loading

報告する

  
議論のタイトル 【映画】ハンナ・アーレントを議論しよう!
コメントID   コメントID
報告理由







無地

無地のカードです。自由に発言して下さいね。

このカードにコメントします:

出典:

URL:


文字数:あと200文字

内容選択

価値観の選択

無地

無地のカードです。自由に発言して下さいね。

主張と理由

【----------】だから
【----------】と思います。

おでんモデル

主張【----------】
論拠【----------】
事実【----------】

メリットデメリット

メリット【----------】
デメリット【----------】

引用

引用【----------】
(出典:)

イメージ

画像をアップします。