シンクロン閉鎖に伴い、こちらのページは2017年12月31日に削除いたします。

SYNCLONβ
価値観の対話場 シンクロン

  このエントリーをはてなブックマークに追加
論 402

生き物を「飼う」ことについて

0

生き物をペットにすることについて聞いたときに
「生き物は自然で暮らしたほうが幸せだ」「自由に生きられる自然の方が良いに決まってる」
など主張する人が現れます。

確かに野生の生き物を勝手に獲って飼うという事は、その動物にとってストレスになるので反対ですが、元々人間といる環境下で生まれた生き物は別だと思います。

そもそも「自然」、「野生」という場所に自由など存在するのでしょうか?
食物連鎖の頂上にでもいない限り常に外敵からの攻撃に怯え、日々飢えないよう食物を探し、発情期が来ればオスメス双方が発生にエネルギーを費やし(オスがメスを探すなど)、場所によっては暑さ寒さを凌ぐ場所を確保し・・・と常に生と死が隣り合わせの世界です、そこに自由である喜びを実感できる暇があるのか疑問に思います。

対し人間に「飼われる」(この表現は嫌いですがあえて使ってます)場合のメリットは多いように思います(安全、食料、住居の確保など)。

適切な環境の元育てるならば動物的に不幸になる要素は無いように思うのですが如何でしょうか、意見を聞いてみたいです。

作成日時:
コメント数:全2件
  • ■ 社会
  •   
  • ■ 自由
  •   
  • ■ 美徳
コレクションの数:全0件
  • ■ 社会
  •   
  • ■ 自由
  •   
  • ■ 美徳